菜の花とミニトマトのぶっかけサラダ


菜の花とミニトマトのぶっかけサラダの画像

野菜売り場にも花屋にも、菜の花が並び春の訪れを感じます。
少しほろ苦い春の味、菜の花にミニトマトを加え、昆布と鰹節のうま味たっぷりのサラダを作ります。

菜の花とミニトマトはどちらも緑黄色野菜なので、油を使うとカロテンの吸収が良くなるのでおすすめ。

材料

作り方

【1】

菜の花とミニトマトのぶっかけサラダのレシピ工程1
菜の花は洗い半分の長さに、茎はさらに縦半分に切る。
鍋に湯を沸かし塩(小さじ1程度)を入れ、茎のほうから鍋に入れさっと茹で、水に取る。

【2】

菜の花とミニトマトのぶっかけサラダのレシピ工程2
ボウルに水けをきった菜の花、1/2にカットしたミニトマトも入れ、ごま油を加え混ぜる。全体に混ざったら、酢も加え混ぜる。

【3】

菜の花とミニトマトのぶっかけサラダのレシピ工程3
北海道昆布ぶっかけ をパラパラと加え混ぜ、皿に盛りつける。

※ミニトマトの酸味が強い場合は酢の量を減らし、ハチミツか砂糖を加えて味を調えてください。

ポイント

食いしん坊侍の 北海道昆布ぶっかけ は、
とろろ昆布、塩昆布、2種類の昆布の絶妙な旨味のコンビネーションに、枕崎産の鰹節を加えた万能ふりかけ。

とろろ昆布はパラパラのほぐしタイプを使用しているため、固まらず、サラダにもサッと混ざって便利です。

カラダとココロにおいしい一品を。

使用した食材(食いしん坊侍)

北海道昆布ぶっかけ

「日本古来のスーパーフード」である昆布を、簡単にごはん・豆腐・そば・うどんのトッピングとして活用いただけるように、ふりかけにしました。

   

この記事を書いた人

みだいどころのだいどころ
みだいどころのだいどころ
天然素材の乾物屋「食いしん坊侍」の嫁が考える、3STEPの乾物レシピ。素材を活かし、シンプルに、でもひとひねり。
身体に優しい味付けをモットーに。管理栄養士です。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA